はなちるのマイノート

Unityをメインとした技術ブログ。自分らしくまったりやっていきたいと思いますー!

【Unity】AngleSharpをUnityに導入してみた

はじめに

今回はAngleSharpをUnityに導入してみる記事になります!

AngleShrapHTMLをパースしてくれるライブラリのことです。

ただこれをUnityに導入するのにやや手間取ってしまったので備忘録としての意味合いもかねて残しておきたいと思います。

公式の質問フォームにて

AngleSharp自体はGithubで公開されていて、ダウンロードすることができます。

github.com

ただ公式の質問フォームにてUnityで使う方法が説明されていました。
AngleSharp - Frequently Asked Questions

f:id:hanaaaaaachiru:20190626210628p:plain

これに沿いながら実際に導入をしてみましょう。

Visual Studioでパッケージをインストールする

まずはNuGetパッケージと呼ばれる、他の開発者が他の人もプロジェクトで使用できるようにした、再利用可能なコードが含まれるパッケージをインストールする必要があります。

Visual StudioAngleSharp NuGetパッケージをインストールすることを最初にします。

まずはVisual Studioを立ち上げましょう。(筆者はVisual Stuido2019を利用)

新しいプロジェクトを作成するを選択。

f:id:hanaaaaaachiru:20190626211558p:plain

クラスライブラリ(.NET Framework)を選択してプロジェクトを作成しましょう。

f:id:hanaaaaaachiru:20190626212528p:plain

ツール -> NuGet パッケージマネージャー -> ソリューションの NuGet パッケージの管理をクリック。

f:id:hanaaaaaachiru:20190626212720p:plain

参照のなかからAngleSharpを検索し、インストールをします。

f:id:hanaaaaaachiru:20190626213132p:plain

ビルドする

次にインストールしたAngleSharpをプラグインにして、Unityの中に持ち込みます。
www.hanachiru-blog.com

ビルド -> ソリューションのビルドをクリック。

f:id:hanaaaaaachiru:20190627093437p:plain

ビルドに成功するとビルド先のURLが貼られているので、そちらを参照します。

f:id:hanaaaaaachiru:20190627093711p:plain

するとAngleSharp.dllというマネージドプラグインが作成されているので、これをUnityにインポートすればOKです。

f:id:hanaaaaaachiru:20190627094040p:plain

f:id:hanaaaaaachiru:20190627094704p:plain

さいごに

これでAngleSharpの導入ができました。

このライブラリをうまく使えばスクレイピング等に役に立つはずです。